Komai Chiyo Official Site

HOME

滋賀県は、四方を山々に囲まれ、日本一大きな琵琶湖を有し、風土を活かした地場産業や、近江牛、近江の茶、近江のお酒、湖魚を始めとする農畜水産物、全国4位の重要文化財数を誇る祈りの文化、環境学習や環境技術など、多くの素晴らしい資源に恵まれています。
これまで当たり前に感じてきたヒト、コト、モノの可能性を最大限に引出し、誰もが居場所と出番のある、「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の滋賀県にしたい。
そのためにも、一人ひとりが失敗をおそれず、批判をおそれず、チャレンジできるチャンスのある滋賀を創っていきたいと思っています。

滋賀県議会議員 こまい千代

さざなみ倶楽部結成(4月12日)
 およそ、政治の舞台において「政党」組織の果たす役割、その重要性は十分認識しているところではございますが、社会情勢は複雑多様化し、それに伴い民意や価値観も多様化してきました。

 30年に亘る「平成」の時代もいよいよ終わりを迎え、新たに「令和」の時代が始まろうとしている今、私達は民主主義の原点に立ち返り、「地方自治」の確立に向け、ここに滋賀県議会 無所属議員会派「さざなみ倶楽部」を結成しました。

 古来より万葉集をはじめ、多くの歌に歌われてきた「志賀」の枕言葉「さざなみ」を冠し、古き良き近江 滋賀(志賀)の歴史と伝統を重んじつつ、新時代の幕開けにふさわしい、進取の精神を持って、活動していきたい、という思いを会派名に込めさせて頂きました。この名前の下、これまでの議会活動やこの度の選挙を通して得た多くの県民の皆様の声を、県政に届けるとともに、これまで以上に地域に根ざした「草の根」の活動を推進して参ります。

 湖国の歴史、伝統、文化を活かした観光、文化振興や地域ブランディングの強化、ふるさと滋賀の自然 風土の恵みである農畜水産業 林業の一層の振興、人々の安全 安心の基盤である地域医療福祉 地域防災力の充実 強化、これからのふるさと滋賀を担う次世代人材の育成などを三名のこれまでの知識 経験を活かしながら、重点施策として取り組み、知事と議会の「二元代表制」のもと、是々非々の立場で県政発展に努めて参ります。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

さざなみ倶楽部
代表 清水鉄次
幹事長 木沢成人
政調会長 駒井千代